バナー

合宿免許の1日の過ごし方とは

合宿免許は、ドライビングスクールの周辺の宿泊施設に泊まり込みながら、免許取得のための技能教習や学科教習を受け、最短の時間で卒業までこぎつけるためのプログラムになっています。


そのため、合宿免許における1日のはじまりは、まず宿泊施設のなかで迎え、朝食を摂ったのちに、マイクロバスなどでドライビングスクールに移動することになります。

免許合宿についての詳細情報です。

ドライビングスクールに着くと、午前中、午後に分けて、それぞれ2時限から3時限程度の学科教習や技能教習があります。

正午をはさんだ時間帯には、ドライビングスクールの食堂で昼食も用意されています。



なお、技能教習については、実際に車を運転することになるため、相応に神経を使うものです。

このため、疲れが蓄積してかえって事故を引き起こさないように、技能教習については1日のなかで連続して何時間も実施できないようになっています。
こうして合宿免許の1日のカリキュラムがすべて終わると、またマイクロバスなどで宿泊施設に戻りますが、ここからは完全に自由時間になります。



もちろん、宿泊施設のなかでは夕食が準備されていますが、それも終わると、たとえば宿泊施設の近くにある観光スポットに出て見聞を広めるのもよいですし、そのまま宿泊施設のなかに残ってもかまいません。


宿泊施設については、コインランドリーなどの生活に役立つ設備があるほか、漫画やシネマが見られるコーナー、軽い運動ができるコーナーなどが設けられていることも多いため、それほど退屈感をおぼえることもないといえるでしょう。